情報は正しく伝えられていたのか?

2016年7月17日 17時31分 | カテゴリー: トピックス

このたびの参議院議員選挙では全国比例で大河原まさこさんを推薦し応援しましたが、残念ながら当選には至りませんでした。

今回の選挙のなかで、メディアの報道と言うものに疑問を持ちました。参院選中は都知事選の話で持ちきり。大事な参院選の前に、こんな事でメディアは良いのかと何度も思いました。テレビを見ていても、与党は野党批判ののちアベノミクスで経済を立て直す!という事が必ず出てきていましたが、野党の方は与党の批判だけで終わる。野党は批判しかしないとテレビを見ている人に思われても仕方がないのではないでしょうか。十分な与党と野党の議論が行われておらず、テレビ番組もいつものクイズ番組やお笑い番組ばかり。これでは投票率も上がりませんし、無関心層に届くはずもありません。発信されるものが無条件で受け入れられる可能性が高いのがテレビだと思います。ここが、しっかりとした与党と野党の政策の違い、争点の明確化などを報道をしなくてどうするのでしょうか。参院選後の投開票の時だけ、当選した議員に辛辣な言葉をぶつけるのも如何かと思います。やるなら徹底的に参院選期間中にやるべきではないでしょうか。揚げ足を取って楽しむ事はもうやめて、しっかりとした情報を国民に提供するテレビの報道であって欲しいと思います。